観光資源での地域の活性化プロモーション

国内人口の減少に伴い、日本人の観光需要は減少傾向にあります。
一方、アジアの海外旅行需要の増加を背景に、日本でもインバウンド観光への期待が高まっています。インバウンド観光は、地域レベルでは観光収入や雇用機会の増加、地元企業の成長、特産品の輸出増といった効果をもたらすことが期待されます。

観光庁では外国人観光客の旅のスタイルやパターンは年々変化しているとして、報告書で次のように述べています。「初めて日本を訪れる外国人から、日本を二度三度と訪れるリピーターへと多様化し、団体旅行から個人旅行へとシフトしている。
そして、そうした変化に伴い、有名観光地以外の日本各地を巡りたい、地域の生活や文化を体験し、住民との交流を楽しみたいという『滞在交流型』の観光を志向する観光客が増えている」。
つまり、各地域、特にこれまでの「爆買いブーム」に代表されるインバウンドの恩恵に浴してこなかった地方都市においてこそ、観光を通じた街づくりのチャンスと言えるのです。

わが地域には外国人を呼べるような観光資源はない、とする地域も少なくないと聞きます。しかし、外国人の目線で地域の観光資源を見つめ直すことで、日本人が当たり前と思って見過ごしてきたところに光を当てることができるかもしれません。
重要なのは、地域の観光資源を掘り起こし、外国人観光客向けにその魅力をアピールして多くの観光客の来訪を促すとともに、受け入れ態勢を整備することです。外国人観光客は訪日前にさまざまな情報を収集します。その多くはインターネット経由での情報収集ですから、Webでの情報発信は不可欠と言えます。英語や中国語など、多か国語に対応した観光情報ポータルサイトを製作することは有効なPR手段と言えます。

日本DID株式会社が提案する「infobooth®」は、タッチ式の大型デジタルサイネージで、Webで公開している観光情報をそのまま活用して、訪れた外国人観光客向けの情報発信を行うことができます。タッチ式ですので、画面の「言語選択」ボタンをタッチすることで、日本語以外の言語表示に簡単に切り替えることができます。

地域の拠点となる駅やバスターミナル、「道の駅」などに「infobooth®」を設置し、観光スポットの詳細情報を提供するとともに、レストランや土産物店への案内をするなどして「おもてなし」体制を強化することで、外国人観光客の回遊性を高め、ひいては地域の活性化へと道を開いてくれるものと思われます。