マラソン大会リレー速報でのタイム表示

マラソン大会でのリレー速報タイム表示に、弊社のデジタルサイネージが採用されました。

ICT化が進む建設工事現場に強い味方が登場!

平成28年9月24日(土)、25日(日)に開催された、平塚24時間リレーマラソンにて、リレー速報タイム表示に使用されました。従来は、紙にプリントアウトしたものを貼りだしてタイムを掲示しておりましたが、今大会よりデジタルサイネージにタイムを掲示する方法へ変更となり、日本DIDのデジタルサイネージが採用されました。
 デジタルサイネージは、工事用看板や、店舗広告として使用されるだけでなく、スポーツの世界にも最適です。
デジタル情報処理による文字、グラフィック、映像を表示をすることで、タイムリーに、視覚に訴える情報を観客に発信することができます。
ただ単にタイム表示をするだけではなく、スポーツの魅力を伝えるコンテンツを表示したり、選手紹介の画像を見せたりすることで、ファンを増やす、スポーツ人口増加を促進等の施策にも活用できます。