工事現場用デジタルサイネージの開発・販売、レンタルの専門会社です。

Japan

Digital

Information

Display

国土交通省NETIS登録「VE」評価

当社の工事現場用デジタルサイネージ装置は、国土交通省NETIS(新技術情報提供システム)において、活用評価効果結果が評価され、AからVE評価(活用効果評価済み技術)となり、活用促進技術として認定されました。

東京都新技術認定

当社の工事現場用デジタルサイネージ装置はNETIS技術認証に加え東京都新技術対象として選定されました。自発光で輝度が明るく視認性に優れたデジタルサイネージ技術を利用した、歩行者向け工事看板という認定されました。安全・安心、環境に優しい、 コスト縮減・生産性の向上、公共工事の品質確保・向上、景観配慮等に優れる、と評価いただいています。

国土交通省、東京都から高い評価

当社の工事現場用デジタルサイネージは国交省で活用促進技術として認定され、実際に工事で活用された場合は活用の効果に応じて総合評価落落札方式や工事成績評定での加点の対象となります。
また、東京都からも安全・安心、環境に優しい、コスト縮減・生産性の向上、公共工事の品質確保・向上、景観配慮等に優れる、と評価いただいています。

これまでの警備員による徐行誘導

交通整理の警備員の確保から安全管理など様々な業務が発生し、また、夏場の暑い中での警備員の健康管理、人為ミスなどの管理が求められ、人件費のコストもかかります。

当社のデジタルサイネージを使用すると

当社のデジタルサイネージを使用すると、警備員の確保などの業務がなくなり、事故や人為ミスなどのリスクも軽減できます。また人件費削減にもつながります。

※音楽はこの動画のBGMです。音声ボリュームをゼロにすれば音楽は流れません。

日本DID株式会社について

工事現場用デジタルサイネージの需要は、工事現場のイメージアップや地域貢献、社会貢献などの観点から歩行者向けに様々な告知を迅速に更新。
訴求効果から視聴習慣を誘導することで地域情報や防災・防犯情報の拡散に最適との評価が高まっていています。工事現場ICT導入に最適機材です。

メニューを閉じる